FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および
「智慧の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、
クリックされると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
 安全安心

  = 7月1日は国民安全の日 =

国民安全の日は産業安全、交通安全、火災予防、学校安全、海難防止等を一丸
とした安全運動の連携と、これら安全運動の共通の基盤となる安全意識の高揚、
安全水準向上のための国民運動展開のため創設されたものです。

制定は昭和35年で、今年で54回目となります。

国内の各分野で安全・安心確保のために多岐にわたる活動が実施されていますが
特に強化が必要なのは安全弱者である「子供や高齢者」の安全です。

因みに平成24年において子供(15歳未満)及び高齢者(65歳以上)の不慮の事故
による死亡者数は約3万2千5百人です。

これは、不慮の事故による死亡者総数の約79%に当たり、また、過去5年間の割合
の推移をみると、平成19年は73%、平成20年は74%、平成21年は75%、平成
22年は76%、平成23年は71%と不慮の事故による死亡者総数の半数以上を
占めています。

先日も高齢者約100名の方々を集めて安全講話を実施しましたが・・・、過去災害を
見ても成功体験により過信での不安全行動が問題視されます。

人間の身体は年を重ねることで、次第に機能低下を来しますが、自信が過信、過信
が油断に結び付き、ある日突然に被災するものです。

また、子供については安全に対する知識もなく、安全行動の技能も低いため、廻りの
大人がカバーしてやらないと、いつでもアクデントは発生します。

ご承知の通り、家庭内外では危険のリスクばかりであり、安全の基本は「自分自身の
身は自分で守る」ことが基本だと思います。

誰しも自分だけは大丈夫と思いがちですが、「安全を最優先する行動」日々、心が掛
けることを実践して行きましょう。
2014.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/422-967e75c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。