上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および
「智慧 の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し
クリックされると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

おーい小話

 = 2度あることは3度ある(重大災害) =

TV、新聞では連日の重大災害を伝えている。

10日、今度はマンホール内で4人が酸欠で倒れ病院へ搬送された。

神奈川県横須賀市久里浜のマンホール内で硫化水素が発生し、作業中
の男性4人が被災に遭った。

3人が心肺停止状態となり、その後、40代男性は心肺機能と意識を
回復、60代の2人は心肺機能は回復したが、意識不明の重体。残り
の現場監督の40代男性は軽症という。

下水道のエアバルブの交換作業中であり、4人は次々と倒れたが通行
人が異変をしり浦賀署員に通報したものである。

今回も事前の危険予知(KY)と養生の不足と推察する。

9日に発生した三菱マテりアルあるの災害もリスク管理の不備である。

前回の作業では無事故であったから、今回も何もないだろうと
思っているととんでもないアクデントになる。

作業には必ずリスクが存在すると判っていながら同じ事故・災害が
起きる。

他山の石としない人間の脆弱さであろうか。

特に管理・監督の任にあたる立場の諸氏は喚起を促してほしい。
 yk
2014.01.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/401-02fceab6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。