上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および
「智慧の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、
クリックされると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
図1

= なぜ続く重大災害  =

15日午後4時15分ごろ、野田市二ツ塚の廃油を精製している「エバー
クリーン千葉リサイクルセンター」で爆発を伴った火災が起きた。
(作業員2名死亡)

21日午後3時20分ごろ、秋田県由利本荘市矢島町元町の山間部を
走る市道で道路下ののり面が崩れ、工事をしていた作業員の男女
計5人(1名死亡)が生きめになった。

多くの人が1度に死傷する事故は痛ましく、本人のみならず家族を
はじめ関係者の悲しみは言語を絶する。

千葉リサイクルセンターの事故は火災当日の15日に工場に持ち込
まれた廃油の回収作業の際に、担当者が油の臭いなどの不審な点に
気づきている。

社内マニュアルで定めたサンプル調査をしていなかったことが社内
の調査でわかった。

通常は扱わない高揮発性の廃油がチェックをすり抜け、火元とみら
れる精製ラインの遠心分離機に流れ込んだ可能性があると同社は見
ており、油の特定や作業手順の検証を進めていると聞く。

まさしく安全管理の欠陥であり、どんなにいいマニュアルを作成し
ても実践されなければマニュアル無しと同じである。

土砂崩れ災害も大雨注意報の中、地盤を固める工事が行われており
事前養生他、現物現場での安全管理の不備が問題視されよう。

原因なしで起こる災害などは絶対にない。

過去の成功体験の積み重ねが自信となり、自信が過信、過信が油断
に繋がり、ある日突然、大きな災害になることを学ぶことが重要である。
                        yk

2013.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/395-b6641029
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。