上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の
使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリックされる
と時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぺん2

 =登っていてよかった(富士山):250文字の随筆 =

九州から富士山はやはり遠い!

目出度く世界文化遺産に登録され当面は騒々しいだろう。
聞く所によると、この夏の各山小屋はとっくに満員という。

統計によると国民の50人に1人が登山すると言われる。
これから先、拍車がかかることは確実である。

ご承知の通り、富士山は遠くから見る秀麗だがイザ近くで
みると、火山岩(溶岩)ばかりで異様だ。

それでも、日本一高い山はやはり魅力的だ。
その感動は登頂したものでなければ判らない。

図2

小生も高山病に襲われたが・・・
急激な気圧の変化が原因で頭痛や吐き気などの症状を催す
高山病は細心の注意が必要だ。

富士宮市によると、昨年診察を受けた435人のうち7割以上
が高山病と診断されている。

高山病対策として
〈1〉5合目で30分以上休憩し、体を慣らす
〈2〉登山前日は睡眠をしっかり取る
―などの対策が必要だが、

絶対に大丈夫という対策はない。富士山は逃げないので、
今年が駄目でもまた来年に挑戦できる。

登山も安全が第一だ。
高山病になったらすぐに下山することです。 yk
2013.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/369-b06d4cde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。