上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧
の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリック
されると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

図1


= エスカレーター事故の再発を防げ =

昨日、24日午前9時半ごろ、JR秋葉原駅でエスカレーターで
不備で5名が指を負傷(いずれも軽傷)する事故が発生した。

乗客の申し出で事故が発覚したもので、正しく通勤時間帯であり、
一歩、間違えれば指を切断にも繋がるアクシデントでもある。

上りエスカレターの右側のレール部分が40cmに亘りめくれて
おり、警視庁万世橋署で詳しい状況を調べている。

JR東日本によると、これまで同様の事故が起きたことはなく、
今月12日の定期点検では異常はなかったとしている。

12日前に問題がなければお客が怪我をしてもいいとは言えない
だろう。

駅構内には大きな機械力で動くのはエスカレターの他にエレベー
ター等もある。

これらの機械装置はいつ異常が発生するか判然としない代物だ。

業者に頼る定期点検(整備)のみでは満足出来るものではない。

外観だけであれば、駅員による日々の点検・確認でも可能である。

併せて、駅は長時間に亘り営業しており、点検は駅員の勤務交代
毎にやれるはずだ。

JR秋葉原駅では毎日、約46万人の乗降客が有ると聞く。

安全は結果責任でもある。

今一度、原因を精査し、充実した点検活動を期待したい。

併せて、乗降客も気掛りがあった時点で駅員に連絡する等
きめ細かい配慮と協力が望まれよう。       YK 
2013.04.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/356-5fbcf2c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。