上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧
の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリック
されると時系列的で判り易いと思います。

図1

= 3大戒め(酸欠)=

労働災害防止には必ず3大戒めが重要である。
電機災害は「さわるな」「アースをしろ」「2人作業の厳守」だ。

また、酸欠災害防止については・・・
「換気励行」「濃度測定」「2次災害防止」なのだが、残念ながら12日
に、これらの事項が守られずに岐阜。美濃市で酸欠災害が起きた。

木材加工会社の集塵機の継ぎ目から煙が発生したの発端である。

確認のため、2名の作業員が径80cmダクトから侵入し10m先の
集塵機との継ぎ目までに進んだ所、倒れた。

急を聞き、同僚の1人が進入した所、同様に酸欠で倒れたものである。

酸欠が怖いのは一瞬にして、体力が奪われ身動きが出来なることである。

近年起きた酸欠に係る労働災害は次に通り。

①10年11月8日
 北海道苫小牧の物流会社の倉庫で作業員2人が倒れ死亡

②10年3月10日
 埼玉県日高市のマンホールの清掃作業中、2人が倒れ死亡

③09年09月29日
 宮崎県五ケ瀬町の農家敷地内のサイロで3人が死亡1人重体

④09年06月13日
 大分市の日鉱製錬佐賀関精錬所に接岸していた鉱石運搬船の
 船倉で作業員3人が倒れ死亡

⑤08年01月07日
 北九州市の工業水路工事現場で地下コンクリート製坑内に
 いた作業員3人が倒れ死亡  

いずれも、労働災害の3大戒め事項が守られていないことが主な原因
であることに違いない。

言うまでもなく、人間は同じ過ちを犯しており、今後も労働災害防止
の3大戒めを守らない限り、同じことが繰り返されよう。

「まさか」「そんなことは」「自社に限っては」は捨て去ろことの
出来る安全管理の重要性を再認識しよう。

                        yk
2013.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/348-cba92236
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。