上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の使者
フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系
列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
図1

= 基本と原則の重要性(柔道) =

基本と原則すら知らない(教えられていない)監督がオリンピック代表
選手を指導していたとは全く情けない。

IOCの憲章の中で「IOCの使命と役割」について次のようなことが
書いてある。
①スポーツにおいてフェアプレーの精神が隅々まで広まり、暴力が閉め
出されるべく努力すること。」
②「 選手の健康を守る施策を奨励、支援すること。」

いずれの分野でも「基本と原則」は遵守しないと、事の成就はおぼつか
ないのは誰でも知っている。

本日(31日)、当の監督が記者会見を行ったが、その中で「私自身、
暴力という観点で手を上げたという認識はない」と答えている。

見当違い、考え違い、時代錯誤等々、違いばかりである。

文部科学大臣はJOCに対して他のスポーツについても実態調査を要請
したが、アチコチとボロボロ出てきたらオリンピックの誘致は砂上の
楼閣になりかねない。

それが現実と思うと、国民の一人として情けないの一言である。

事の有り様とものの常識は時代と共に変わるが人間の尊厳と
他人も想いやる心は不変であろう。

出直しすにしても遅きに失した感がある!

yk
2013.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/338-59fa8c43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。