FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の使者
フクロウ」他のいずれかを「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系列的で
判り易いと思います。
フクロウのチキ坊(愛称)が出演する本欄は一部、ファンタジとなっています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
図1

= ips細胞への期待 =

iPS細胞(新型万能細胞)を作製した山中伸弥・京都大教授が
ノーベル生理学・医学賞を受賞した.。

氏は記者会見で「感謝と責任」の言葉を述べ、また「この賞は
日本国が頂いたもの」とも言つている。

誠に日本人として誇らしい限りの受賞でもある。

「3割り打者は褒められるが、基礎研究の世界では失敗はつきもので
1割の成功であればよしとする」のようだが研究や発明の分野での
仕事では、そうであろうが・・・、

小生の係る労働安全の世界では失敗は、許されるものではない.

失敗をしましたので腕を失くした、命を失くした等と口が裂けても
言えない。

「我々、人類の平和にとつて最大の汚点は過去の事故災害の教訓を
活かさない事にある」とはヨーロツパの諺である。

医学の世界も労働安全の世界も命の問題であるが、出来る限り過去
に起きた失敗を繰り返さないようにしなければばるまい。

ips細胞の研究は緒についたばかりの分野でもある。

この度、Ips細胞を使用した再生医療を実現するために政府も
300億円の10年支援を決めた。

また、民間からも多くの支援の申し入れがあり、研究の励みになろう。
難病で苦しむ人、そして新薬へ創製に繋がればなによりである。

山中研究グル―プの活躍を日本の期待、世界の期待である。

今後も大いに応援したい。 yk
2012.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/314-1168a61e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。