上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の使者
フクロウ」等のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系列的
で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

  図1

= 忘れまい防災について =

防災の日で日本の記念日であり、全国各地でイベントが行われた。

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、
地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」
こととし、1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定された。

この防災の日は9月1日に発生した関東大震災(190万人が被災、10万
5千人余が死亡)にちなんだものである。

また、例年8月~9月1日付近は台風の襲来が多いとされる二百十日に当たり
「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められている。

制定の前年の1959年(昭和34年)には、伊勢湾台風がが襲来しており、
先週もは超大型の台風15号が、沖縄本島通過して行った。

防災と言えば「災害は忘れた頃にやって来る」と言ったのは、
あの寺田虎彦(随筆家、物理学者)であり、彼は関東大震災
当日は上野の2科展に行き、そこで震災にあったが命は助かった。

後年、彼が書いた本(津波と人間)の中に次のくだりがある。人間という
ものは昔から同じことばかり繰り返しているものだという気がする。

どうしていつまでも進歩しないものであろう。

古い記録を調べてみて深く感じたことは今度われわれが嘗めたと同じ経験
を昔の人が嘗めつくして来ているこである。

しかも、そういう経験(安政の江戸での地震)がいつの間にか全く世の中
から忘れられてしまって今文明開化を誇っている我々が昔の人の愚かさを、
そのまま繰り返しているという不思議な、笑止な情けない事実である。

これはランプをめかけ何度と突進していくカナンブンと同じで、失敗を続
けても反省しないのは情けない。

今も昔も人間の想いは一緒で、「一時は騒いでも何も事が起きないと忘れ
さること」を教訓にしっかりした備えと日頃の訓練を継続することが
重要である。
yk
2012.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/306-3cbc3961
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。