上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは5つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の使者
フクロウ」のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系列的
で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

図1


  = 安全リーダー研修開催 =

いかなる経済環境の下でも安全教育・訓練は欠かすことは出来ません。

今般、岐阜県関市の工業団地にある自動車部品関連メーカーで安全
リーダーの研修を行いました。

この会社は昨年度は職長の安全研修を実施し、その職長を補佐する
安全リーダーの研修を行ったものです。

具体的には次の項目をカリキュラムとして3時間の教育を実施しました。
  ①安全の潮流
  ②他業界に於ける安全管理・活動の実施内容
  ③自工場の安全成績と安全方針の再認識
  ④ヒューマンエラーの内容とその対応
  ⑤安全の責任(事故後の責任)
  ⑥重災害の実態
  ⑦類似災害防止活動の重要性
  ⑧安全リーダーの役割と今後の期待事項
  ⑨その他(質疑応答)
 
勿論、研修の意義を高めるために、事前に課題事項を調査し、参加して
もらい、研修後は研修参加レポートを提出して頂くことにしました。

この会社では階層別の安全研修が撤退しており、工場方針は現場最前線
まで周知化されていることにかんしんしました。

当然、安全成績も優秀でここ3年間は無災害を継続しています。

安全の教育や研修、そして啓発活動は安全トラブルが起きていない時に
実施するのは一番重要であることに間違いありません。

皆さんの会社も間断のない安全教育。研修を実施して頂き、従業員が
安心して働ける職場づくりを進めて頂くようお願い致します。


                          yk


2012.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/302-f59ad4d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。