FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および「智慧の使者
フクロウ」他のいずれかを「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系列的で
判り易いと思います。
フクロウのチキ坊(愛称)が出演する本欄は一部、ファンタジとなっています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   = フクロウ、鎌倉の大仏様に逢う! = 

皆さ~ん、本日は久留米も小雪まじりでおお寒むでーす。
インフルエンザ対策は大丈夫でありんすか!

我輩ことフクロウのチキ坊は鳥のインフルエンザは怖いのですが・・・
フクロウには皆さんのような予防注射等全くはありません。

さてさて、今回は先日、ご主人様に同行し、鎌倉の大仏様に逢って来た
お話をさせて頂くのでありんす。

鎌倉から江ノ電に乗り、3つ目の長谷駅で降りて高徳院へと向かいやした。

高徳院は駅から徒歩約10分の場所にあり、道標に従い歩いて行けば
迷うことはないのでありんす。(道沿いには一杯のお土産店あり)

大仏様はとにかく、でっかいのでビックリしたのでありんす。
でもでも、写真の写り方では我輩も結構、大きいとおもいませんか!
(高さ11.3m、重さは121tあり、約1300年前に建立)

    図2

我がご主人様は日頃の懺悔も含め、神妙な顔つきで両手をあわせて
ありあした。

特に興味を持ったのは、大仏様の「胎内」を観れることです。
入場料は20円ですが、吾輩はご主人様のポケットに隠れ、胎内に
入りやした。

胎内は空洞ですが、大仏様は青銅製で鋳造方式でありんす。

体部が7段、頭部は前面が5段、背面が6段に分けて造られ、当時の
最高に技術で造られたものと思うのでありやす。

胎内に居ると、「なぜが日頃の憂さを忘れ、心がやすらぐ」とご主人
様は申してありました。

吾輩も元気でいつまでも飛べるよう、しっかりお願いしたのでありんす。

高徳院の後は、鶴岡八幡宮他、江ノ電の沿線にある名所廻りに付き合
わされ、吾輩は丸一日、ぐったりの状態でありやした。

尚、江ノ電では1日乗り放題の「のりおりくん」と言う切符があり
ますので、ご利用をお勧めするんでありんりんす。
  (1日、乗り放題で580円とはお得で~す)
     図3

しかし、鎌倉は九州と違って、底冷えする寒さでした。

ご主人様も1日の疲れと寒さで、ホテルでは直ぐにお風呂へドボン・・・
その後、少しの酒と食事を召され、口を開けながらのイビキでありんした。

でもでも、観光は少し暖かくなってからが、いいとも思ったでありんす。

                       記:チキ坊



2012.02.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bs19460130.blog28.fc2.com/tb.php/277-469a9e5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。