上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
おーい小話

= 防災の日、その意義 = 

本日は「防災の日」。
「防災の日」1960年(昭和35年)に、閣議了解により制定された。

9月1日の日付は関東大震災(1923年大正12年9月1日)に発生したが、その日に
ちなんだものある。

残念だが国内では毎年、幾つもの災害が発生している。
先月、発生した広島の土砂災害は70人以上の犠牲者を出し未だに後かたずけ
(復興)のメドもおぼつかない。

西洋の諺にもあるが「人類平和にとって最大の悲劇は戦争や事故・災害の教訓を
生かさないことにある」というが至言である。

広島の被災地区も昔は地名も「蛇落地悪谷」と呼ばれていたが、それが「八木地区」
に変名したと言う。

先人が命名した教訓の名称(土地の怖さ)が時代が変わるといつしか忘れられ教訓と
して生かされないのである。

「災害は忘れた頃にやってくる」とは寺田虎彦の名言葉であるが彼が「関東大震災」の
経験をベースに書いた「津波と人間」のの中で次の文章をのこしている。

「人間というものは昔から同じことばかり
繰り返しているものだという気がする。

どうして、いつまでも進歩しないものであろう。
つまりは「経験の記憶」というのが弱いためではあるまいか。

いいかれば広い意味での学問が足りないためではあるまいか。
あるいは、それを知っていても、その日暮らしの料簡で、それを気
に掛けないためであろうか。

古い記録を調べてみて深く感じたことは、今度われわれが嘗めたと
同じ経験(地震)を昔の人が嘗めつくして来ているこである。

しかも、そういう経験(安政の江戸での地震)がいつの間にか全く世の
中から忘れられてしまって、今文明開化を誇っている我々が昔の人の
愚かさを、そのまま繰り返している

という不思議な、笑止な情けない事実である」


昔から人間は変わらない性向であるが、こと命に係わる問題・・・
ひとり一人の意識と行動に係っていることに間違いなかろう。
スポンサーサイト
2014.09.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。