上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
おーい小話

= 防災の日、その意義 = 

本日は「防災の日」。
「防災の日」1960年(昭和35年)に、閣議了解により制定された。

9月1日の日付は関東大震災(1923年大正12年9月1日)に発生したが、その日に
ちなんだものある。

残念だが国内では毎年、幾つもの災害が発生している。
先月、発生した広島の土砂災害は70人以上の犠牲者を出し未だに後かたずけ
(復興)のメドもおぼつかない。

西洋の諺にもあるが「人類平和にとって最大の悲劇は戦争や事故・災害の教訓を
生かさないことにある」というが至言である。

広島の被災地区も昔は地名も「蛇落地悪谷」と呼ばれていたが、それが「八木地区」
に変名したと言う。

先人が命名した教訓の名称(土地の怖さ)が時代が変わるといつしか忘れられ教訓と
して生かされないのである。

「災害は忘れた頃にやってくる」とは寺田虎彦の名言葉であるが彼が「関東大震災」の
経験をベースに書いた「津波と人間」のの中で次の文章をのこしている。

「人間というものは昔から同じことばかり
繰り返しているものだという気がする。

どうして、いつまでも進歩しないものであろう。
つまりは「経験の記憶」というのが弱いためではあるまいか。

いいかれば広い意味での学問が足りないためではあるまいか。
あるいは、それを知っていても、その日暮らしの料簡で、それを気
に掛けないためであろうか。

古い記録を調べてみて深く感じたことは、今度われわれが嘗めたと
同じ経験(地震)を昔の人が嘗めつくして来ているこである。

しかも、そういう経験(安政の江戸での地震)がいつの間にか全く世の
中から忘れられてしまって、今文明開化を誇っている我々が昔の人の
愚かさを、そのまま繰り返している

という不思議な、笑止な情けない事実である」


昔から人間は変わらない性向であるが、こと命に係わる問題・・・
ひとり一人の意識と行動に係っていることに間違いなかろう。
スポンサーサイト
2014.09.01 / Top↑
 安全安心
  

  = 広島で崖崩れ災害発生 =

1時間に160mmの豪雨、そして軟弱な真砂土、一気に崩れて甚大な災害発生。

 広島市北部の安佐北、安佐南両区で20日未明、局地的に猛烈な雨が降り、
10か所以上の土砂崩れが発生、多数の住宅に土砂が流れ込んだ豪雨災害
で、21日午前0時現在、死者は39人、行方不明は7人になった。

突然のことで逃げる暇もなく、亡くなった方々に心からの合掌である。

天災と言えば天災であろうが、防ぐことは出来なかったのか。

我々の生活の中にはリスクばかりであり、昨日まで大丈夫だがら、今日も
大丈夫とは言えない。

立地条件を考えれば、万が一にもがけ崩れは予測できたはずである。

行政側は危険地域と認定したようであるが、最終的には自分の身体は自分
で守ることが前提と言えよう。

日本は急峻な山国でもあり、山にへばりついた住居は少なくない。

災害は反省するが教訓にしないのが人間の性向でもある。

再発させないためにも一人一人が他山の石とすべき事例でもある。
2014.08.21 / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
右の「カテゴリ」欄から選択し、クリックされると時系列的で
判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 図2
  = なぜ、酸欠災害は再発するのか =

また、教訓がi生かされずに同じような災害が発生した。

29日、北海道登別温泉町の地域医療機能推進機構・登別病院で酸欠の事故が
起き2名が命を落とした。(合掌)

病院から、「貯水タンクの中で男性2人が倒れている」と110番通報があり・・・

室蘭署員と消防の救急隊が、病院内の貯水タンクの中で浮いている男性2人を
発見し、約2時間後、2人は死亡が確認された。

室蘭署と登別市消防本部によると2人が発見された貯水タンクは温泉大浴室が
あるの2階部分にあり、幅2メートル、奥行き1メートル、高さ1・5メートル。

病院によると、このタンクには源泉をためているという。
硫化水素による酸欠とが原因とされている。

酸欠事故と言えば本年1月10日、神奈川県横須賀市で、作業員数人が
下水管のマンホール内で下水管の空気抜きバルブの交換作業工事中、
異臭が発生。男性作業員4人が倒れる災害が起きている。

まさか「自分の職場では安全トラブルはないだろう」と思っていても
リスクが存在する限り無縁ではないのだ。

遅きに失したが医療行為の安全のみならず、働く職員に関する安全にも
具体的な手立てを講じることを期待する。
2014.06.30 / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および
「智慧の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、
クリックされると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
 安全安心

  = 7月1日は国民安全の日 =

国民安全の日は産業安全、交通安全、火災予防、学校安全、海難防止等を一丸
とした安全運動の連携と、これら安全運動の共通の基盤となる安全意識の高揚、
安全水準向上のための国民運動展開のため創設されたものです。

制定は昭和35年で、今年で54回目となります。

国内の各分野で安全・安心確保のために多岐にわたる活動が実施されていますが
特に強化が必要なのは安全弱者である「子供や高齢者」の安全です。

因みに平成24年において子供(15歳未満)及び高齢者(65歳以上)の不慮の事故
による死亡者数は約3万2千5百人です。

これは、不慮の事故による死亡者総数の約79%に当たり、また、過去5年間の割合
の推移をみると、平成19年は73%、平成20年は74%、平成21年は75%、平成
22年は76%、平成23年は71%と不慮の事故による死亡者総数の半数以上を
占めています。

先日も高齢者約100名の方々を集めて安全講話を実施しましたが・・・、過去災害を
見ても成功体験により過信での不安全行動が問題視されます。

人間の身体は年を重ねることで、次第に機能低下を来しますが、自信が過信、過信
が油断に結び付き、ある日突然に被災するものです。

また、子供については安全に対する知識もなく、安全行動の技能も低いため、廻りの
大人がカバーしてやらないと、いつでもアクデントは発生します。

ご承知の通り、家庭内外では危険のリスクばかりであり、安全の基本は「自分自身の
身は自分で守る」ことが基本だと思います。

誰しも自分だけは大丈夫と思いがちですが、「安全を最優先する行動」日々、心が掛
けることを実践して行きましょう。
2014.06.24 / Top↑
本ブログは8つの「カテゴリ」で運用(構成)しています。
「安全管理」「講演・研修」「ぶらり随筆・紀行」「安全小話」および
「智慧の使者 フクロウ」他のいずれかを右の「カテゴリ」欄から選択し、
クリックされると時系列的で判り易いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おーい小話

= 最悪のことを考え最善の対策を(酸欠) =

悲しいことに酸欠による死亡災害が発生した。

14日午後、さいたま市大宮区吉敷町の明治安田生命大宮吉敷町ビル内の
エレベーター内で、塗装作業をしていた自営業で方と塗装工の方、計2名が
倒れているのを、同僚が発見したが、既に死亡していたとのニュース。

共に46才の働き盛り、心からご冥福を祈ります。

県警によると、エレベーター内で塗装を剥がす作業をしていて、倒れたとい
うことだが、ご承知の通り、酸欠は目に見えず、一瞬で倒れ、悲惨な事故に
なりことがある。

通常、空気中の酸素濃度は22%ですが18%が限界で、それ以下になると
次のような症状が現れる。
  ①16% ⇒吐き気、頭痛
  ②12% ⇒めまい、筋力低下
  ③8%  ⇒失神、昏倒、7~8分以内に死亡
  ④6%  ⇒瞬時に昏倒、呼吸停止、死亡

今回の場合も狭いエレベター内で酸素濃度が10%以下になったものと推測される。


全国では毎年、10名弱の酸欠死亡災害があり、その原因は次の通りであり、
やはり事前・事中・事後の養生をきっちりすることが基本と言える。
  ①作業前の濃度測定
  ②換気作業の実施
  ③空気呼吸器の着用
  ④作業中の換気実施
  ⑤安全帯および避難用具の準備
  ⑥監視人の設置他

あらためて、安全は最悪の事を考え、最善の対策を行うことが重要と思う。

ご安全に。






2014.06.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。